スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | このエントリをはてなブックマークに登録
プロジェクトX・ミートホープ編
3 留学生(大阪府) 2007/07/02(月) 23:24:20 ID:BVhHX23x0 BE:?-2BP(3400)

プロジェクトX〜挑戦者たち〜
 ミートホープの挑戦。奇跡の牛肉抜き牛肉風味コロッケ


メーカーから、もっと安い牛肉コロッケを作れと迫られていた。
思案に暮れていたとき、社長は意外な事を言った。
「牛肉を抜いてみたらどうだろう」
工場長は戸惑った。
牛肉コロッケから牛肉ミンチを抜いたら牛肉コロッケでなくなってしまう。
「無理です。出来ません」工場長は思わず叫んだ。
「俺たちがやらずに誰がやるんだ。俺たちの手で作り上げるんだ!」
社長の熱い思いに、工場長は心を打たれた。肉屋の血が騒いだ。

「やらせてください!」
それから、夜を徹しての偽装ミンチ作りが始まった。
牛肉の代わりに、豚でも鶏でも、肉ならなんでもミンチにして混ぜた。
しかし、本物の牛肉コロッケの味は出せなかった。
工場長は、来る日も来る日もミンチと戦った。
いっそ、自分がミンチになれば、どんなに楽だろうと思ったこともあった。
追い詰められていた。
そこへ社長が現れた。そしてこうつぶやいた。
「発想を変えるんだ。牛は肉だけで出来ているんじゃない」
そうだ。血だ。牛の血があった。暗闇に光が射した気がした。
工場長は何の肉を入れたかよくわからないミンチに牛の血を混ぜてみた。
牛肉ミンチ特有の鮮やかな赤みが蘇った。
「これだ、これが探してた俺たちのミンチなんだ!」
牛肉抜き牛肉風味コロッケの誕生だった。
社長と工場長と従業員は、工場の片隅で朝まで飲み明かした。
工場長は、充足感に包まれ、涙が止まらなかった。
「社長、この涙も混ぜていいですか」工場長は言った。
「ああ、いいとも。塩っ辛くならない程度にな」
社長は自分のジョークに、肩を揺らして笑った。




コピペ | 21:25 | comments(9) | trackbacks(0) | このエントリをはてなブックマークに登録
スポンサーサイト
- | 21:25 | - | - | このエントリをはてなブックマークに登録
  1. 名無し \(^o^)/ハジマタ 2007/07/04 12:59 PM
  2. 卓越すぐるwwwwwwwwww
  3. 名無し \(^o^)/ 2007/07/05 12:13 PM
  4. 面白いけど笑えね
  5. 名無し \(^o^)/ 2007/07/06 1:50 AM
  6. 是非、牛肉解凍編もやってほしいねw
  7. 名無し \(^o^)/ハジマタ 2007/07/06 3:09 PM
  8. 動画とか作られそうな勢いだ。
  9. 名無し \(^o^)/ 2007/07/06 8:35 PM
  10. >いっそ、自分がミンチになれば、どんなに楽だろうと思ったこともあった。
    おいおい。
  11. 名無し \(^o^)/ハジマタ 2007/07/19 8:15 PM
  12. 「プロジェクトX〜挑戦者たち〜
     ある中国人の挑戦。奇跡の段ボール入り豚肉風味肉まん」

    客から、もっと安い肉まんを作れと迫られていた。
    思案に暮れていたとき、社長は意外な事を言った。
    「豚肉を抜いてみたらどうだろう」
    料理長は戸惑った。
    肉まんから肉を抜いたら肉まんでなくなってしまう。
    「無理です。出来ません」料理長は思わず叫んだ。
    「俺たちがやらずに誰がやるんだ。俺たちの手で作り上げるんだ!」
    社長の熱い思いに、料理長は心を打たれた。中華料理人としての血が騒いだ。

    「やらせてください!」
    それから、夜を徹しての偽装豚肉作りが始まった。
    豚肉の代わりに、草でも粘土でも、肉っぽければなんでもミンチにして混ぜた。
    しかし、本物の肉まんの味は出せなかった。
    料理長は、来る日も来る日もミンチと戦った。
    いっそ、自分がミンチになれば、どんなに楽だろうと思ったこともあった。
    追い詰められていた。
    そこへ社長が現れた。そしてこうつぶやいた。
    「発想を変えるんだ。肉まんは肉だけで出来ているんじゃない」
    そうだ。紙だ。段ポールがあった。暗闇に光が射した気がした。
    料理長は何の薬品を入れたかよくわからない段ボールを豚肉に混ぜてみた。
    豚肉ミンチ特有の鮮やかな赤みが蘇った。
    「これだ、これが探してた俺たちのミンチなんだ!」
    段ボール入り豚肉風味肉まんの誕生だった。
    社長と料理長と従業員は、店の片隅で朝まで飲み明かした。
    料理長は、充足感に包まれ、涙が止まらなかった。
    「社長、この涙も混ぜていいですか」料理長は言った。
    「ああ、いいとも。塩っ辛くならない程度にな」
    社長は自分のジョークに、肩を揺らして笑った。
  13. 名無し \(^o^)/ 2007/11/17 11:27 PM
  14. シュールすぎて笑ったw
  15. おまんこ \(^o^)/オワタ 2009/04/03 12:02 PM
  16. ワロス
  17. 名無し \(^o^)/ 2013/04/27 12:48 PM
  18. 脳内再生半端ないww
name:



終わったな
始まったな






この記事のトラックバックURL
http://owata2ch.jugem.jp/trackback/408
トラックバック

Profile

静岡makky 当サイトについて
サイト説明
[近況]
最近忙しく更新できてませんね
申し訳ないです(´・ω・`)
リア充よりもネト充がいいなw
来てくださる読者様の為にも
なるべく更新頑張ります><

Site Ranking

ブログパーツ

人気商品

SEVENTH HEAVEN
SEVENTH HEAVEN (JUGEMレビュー »)
L’Arc~en~Ciel,hyde,P’UNK~EN~CIEL,Hajime Okano

人気商品

SPONSORED LINKS

Category Archives

Selected Entries

Links

Monthly Archives

Blog People

[このblogを登録]
被リンクされていたら相互にしてます

ぴっくあっぷ・本日の検索ワード

"ヒュンダイ 売れない"
"ぼっさん"
"ペッパーランチ"
"カワサキ最強@龍一"
"ディアボロ ニコニコ動画"
"琴乃 差別"
"中渡瀬久成"
"矢部野彦麿"

Search

Google

WWW を検索 サイト内検索

Others

Mobile

当blogはケータイでもご覧になれます
qrcode

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.



ページビューランキング ページビューランキング nyu-soku,nsoku,nusoku,newsoku
人気blogランキングへ